• 日吉屋オンラインショップ
  • 日吉屋Facebookページ
  • 「伝統+デザイン」HIYOSHIYA contemporary
  • 商品カタログPDFダウンロード
  • レンタル和傘
  • 西堀耕太郎Facebook
  • 京和傘の品質表示について

京和傘について

 京都は古来都として長らく栄えた土地柄、最も早くから和傘が使われて来ました。
 都ならではの審査目の厳しい人々に使われる中で、過度な装飾を廃したシンプルさと最高級の素材と技術で仕上げられた上品さを持つ、京都独自の美意識を持つ和傘「京和傘」として発展して来ました。
 特に日吉屋では店の立地上、茶道との関係が深く、質素な中にも凛とした佇まいを見せる侘び茶の世界に合う本式野点傘を生み出して参りました。
 和紙は傘に合わせて、越前和紙(福井)・五箇山和紙(富山)、美濃和紙(岐阜)を使い分け、竹は岐阜真竹、京銘竹を使い、細かな素材にも京漆や京真田紐、数奇屋金具を用いて最高級の京和傘に仕上げております。

和傘を取り巻く現状

 最盛期には日本全国で年間1千万本以上生産されていた和傘ですが、明治時代に洋傘が輸入され、西洋化が進んで普及すると共に急速に衰退し、現在では、岐阜県、京都、金沢、鳥取、徳島などで少数の業者が生産しているだけになってしまいました。
 京都でも和傘製作は弊店ただ1軒を残すのみとなり、和傘は、昔のように生活必需品として使われることは少なくなりました。
 しかし、現在では趣味の品としてや、踊りや芝居などの小道具として、伝統行事・儀式・茶道などの道具として、広告・ディスプレイ・展示用として、あるいは日本的な土産品として、その用途は多岐に渡っております。
 特に日本の伝統文化の代表格である茶道や日本舞踊、歌舞伎などに和傘は今でもなくてはならない道具であり、日本文化を象徴するもののひとつとして重要な役割を果たしております。

和傘と洋傘の違い

 洋傘と和傘、どちらも傘ですので大して違わないのではないかと思われる方が多く見受けられますが、同じ傘でも起源が全く異なるので、構造・使い方がかなり異なっております。
 まず材料は洋傘が通常ビニールやポリエステル、スチール等の人口素材であるのに対し、和傘は和紙・竹・木等の自然素材を主にしております。
 また、洋傘は骨数が通常8本であるのに対して和傘は30本〜70本と非常に多くなっております。これは洋傘が骨の針金の張力で生地を内側から押し上げて開くのに対し、和傘は細く割った多くの竹骨で和紙を支えるようにして開く為です。その為開いた時のシルエットが洋傘は丸みを帯びて深いアールを描くのに対し、和傘はすっきりと末広がりに真っ直ぐに広がります。
 生地の畳み方も洋傘は生地を骨の外側に巻きつけるように畳むのに対し、和傘は生地が骨の内側に畳みこまれ、まるで1本の棒のような独特の姿になります。和傘の骨は1本の竹を均等に割り、割った通りの順番に組み立てるので、閉じたシルエットがあたかも元の1本の竹のように綺麗に閉じるのです。
 その上、頭の方向も異なり、洋傘が傘の先端を下にして持ち歩くのに対し、和傘は頭を常に上にして使います。
 同じ傘でも多くの点で違いがあります。
Page Top